プロフィール

とうげつ

Author:とうげつ
駒作り日記です。

制作依頼、お問い合わせは
togetsunokoma@gmail.com
までお願いします。

Twitterもやっています。
https://twitter.com/togetsunokoma

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

研ぎ出し

錆漆を入れて研ぎ出しています。
研ぎ出すだけでもいろいろな方法があり人によって違うようです。

今でも写真のように駒字が見える瞬間はドキドキするものです。

image1 - コピー
スポンサーサイト

盛上

盛上はどのように書いているのでしょうか。

これは人によって異なります。
固定させる冶具を使っている方や自分で工夫した冶具を使う方もいるようです。

私は写真のように手に持って書いています。(かなり昔の写真です)
さすがここまで筆は倒しませんが大体こんな感じです。

最初は机に置いて書いていましたが、傾斜があるので手で調整していたら今の状態になりました。



IMG_8384 - コピー

錦旗

孔雀杢にしっとりした錦旗をのせてみました。

静山流は簡単にみえてとても難しい書体です。

人によっては、大人しすぎる、つまらないなどの意見もありますが
私は静山の魅力がたっぷり詰まった傑作だと思っています。

静山には程遠い・・・かと思いますが、たっぷり時間をかけて作った作品です。

DSC_0095.jpg

DSC_0031.jpg

DSC_0155.jpg

DSC_0150.jpg

DSC_0148.jpg

DSC_0047.jpg

DSC_0143.jpg

DSC_0142.jpg

DSC_0139.jpg

DSC_0160.jpg

菱湖

柾目での菱湖です。
菱湖は派手なイメージがありますが、こういった落ち着いた作品も良いかと思います。

作っていく中で見えてくるもの、また逆に見えなくなるもの、それぞれ感じるものがあります。
毎作、反省と修正の繰り返しですが少しずつ上手くなっていると信じて頑張ります。

ousho.jpg
DSC_0134.jpg
DSC_0135.jpg
DSC_0110.jpg

鵞堂

鵞堂を製作しました。
今回は木地の主張が強いので細字で躍動感を出してみました。

書家の字ということで、駒文字にありがちな下の文字が大きくなっていません。
ですので頭でっかちに見えると思いますが、これが鵞堂の特徴でもあります。

最後の写真ですが両面乾かせるように竹を使用しています。
盛上げ後に書いた面を上にするか下にするか人それぞれのようです。
上派は漆の高さを均一にするため。下派はゴミが付かないようにするため。
さてどちらが良いのでしょうか。

17862335_1098195923613397_5983683555656222270_n.jpg

17904505_1098195913613398_7083476360832364001_n (1)

17883872_1098195933613396_5541186903071117752_n.jpg

17884390_1098195953613394_2236158690876806385_n.jpg

IMG_0031.jpg
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR