プロフィール

とうげつ

Author:とうげつ
駒作り日記です。

制作依頼、お問い合わせは
togetsunokoma@gmail.com
までお願いします。

Twitterもやっています。
https://twitter.com/togetsunokoma

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

鵞堂

鵞堂を製作しました。
今回は木地の主張が強いので細字で躍動感を出してみました。

書家の字ということで、駒文字にありがちな下の文字が大きくなっていません。
ですので頭でっかちに見えると思いますが、これが鵞堂の特徴でもあります。

最後の写真ですが両面乾かせるように竹を使用しています。
盛上げ後に書いた面を上にするか下にするか人それぞれのようです。
上派は漆の高さを均一にするため。下派はゴミが付かないようにするため。
さてどちらが良いのでしょうか。

17862335_1098195923613397_5983683555656222270_n.jpg

17904505_1098195913613398_7083476360832364001_n (1)

17883872_1098195933613396_5541186903071117752_n.jpg

17884390_1098195953613394_2236158690876806385_n.jpg

IMG_0031.jpg
スポンサーサイト

40年前

今から約40年前の御蔵黄楊古木で製作しました。

最近の若い木地と違い、とても木が締まり良い木地でした。
色合いも枯れた感じで使いこむとアメ色になるんだろうなと想像しながら作っていました。

書体は金龍。
素朴な書体ですが木地にマッチしていて良い仕上がりになりました。

写真をたくさん撮りましたのでご覧ください。

IMG_0093.jpg

IMG_0123.jpg

IMG_0129.jpg

IMG_0131.jpg

IMG_0133.jpg

IMG_0136.jpg

IMG_0137.jpg

IMG_0139.jpg

源兵衛清安

孔雀杢での源兵衛清安です。
漆は季節に合わせて作り替えていますが、今回は良い仕上がりになりました。
詳しくは写真をご覧ください。

IMG_9408_R.jpg

IMG_9409_R.jpg

IMG_9411_R.jpg

IMG_9414_R.jpg

IMG_9417_R.jpg

錦旗

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

今回は薩摩黄楊の虎斑で錦旗を製作致しました。
薩摩黄楊にも稀に虎斑が存在します。
しかし、御蔵黄楊のように鮮やかではなく微かに模様が見える程度です。
写真をたくさん撮りましたが、うまく虎斑を撮影することができませんでした。

書体は宸筆系の錦旗。
前回よりかなり強弱をつけた太字に、そして雰囲気も書き駒に近づけたつもりです。
後水尾天皇筆跡の実物を拝見していないのが残念なところですが、このような駒だろうなと想像しながら製作しました。

好みが別れる駒だとは思いますが、私は気に入っている作品です。

IMG_9231.jpg

IMG_9246.jpg

IMG_9254.jpg

IMG_9256.jpg

IMG_9252.jpg

IMG_9300.jpg

IMG_9313.jpg

IMG_9299.jpg

ありがとうございました

早いもので2016年も大晦日です。
皆さまと駒を通してご交流できたことを嬉しく思います。

来年はより一層精進してまいりますので、これまで通り宜しくお願い致します。
良いお年をお迎えください。

ryoko.jpg
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR