FC2ブログ
プロフィール

とうげつ

Author:とうげつ
駒作り日記です。

制作依頼、お問い合わせは
togetsunokoma@gmail.com
までお願いします。

Twitterもやっています。
https://twitter.com/togetsu_koma

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

巻菱湖

続いて巻菱湖。

最近はこの太字の巻菱湖を頼まれることが多くなりました。

元となった作品を見る機会があったのですが、大ぶりな木地に躍動感のある文字が印象的でした。

現代的な見方をすると漆が飛んだ所に彫跡が無かったりするわけですが、宮松影水の魅力はそんな所ではないのです。
宮松さんの駒は宮松さんにしか出来ないなと改めて感じました。

今回の木地はなかなかの上木地でした。
平箱の写真が実物に一番近いかなと思います。

DnsP3JIUcAI2H1g.jpg

DnQIjXSUcAA4a_W.jpg

Dn1JXIiW0AAuLCs.jpg
DoQHGEGVAAAhbCx.jpg

DozMYtcUcAASz6Q.jpg

DozMYtYU0AItHiR.jpg
スポンサーサイト

錦旗

久しぶりの更新です。

錦旗にもいろいろありますが、今回は静山流の錦旗です。
静山の特徴を一言で言うならば「柔らかい」でしょうか。

この「柔らかい」印象を出すのが本当に難しいのです。
偉そうに書いていますが自分もまだまだです。

木地は孔雀杢。
華やかさの中にも落ち着いた印象が伝われば嬉しいです。

DSC_0476_20181013075105beb.jpg

DSC_0484.jpg

DSC_0491.jpg

DSC_0466 - コピー

名人戦第五局

名古屋万松寺にて行われた名人戦第五局で拙作を使用していただきました。

この駒は3年ほど前に制作した駒で、木地が特に良かったので記憶に残っています。
木地師の杉氏によると、2011年制作の天然木赤柾だそうです。
かなり木目が細かいにもかかわらず、赤い部分がはっきりと出ているのが写真でもわかると思います。
赤糸柾といってもいいくらいの貴重な木地です。

以前羽生竜王に直接話を伺ったところ、やはり虎斑よりも柾目が指しやすいとのことでした。
タイトル戦などの長時間の対局では特にそう思われるのかもしれません。

今回名人戦で使用していただいたことは素直に嬉しく思います。
たくさんの方々の応援があっての事だと改めて実感しております。
今まで以上に精進して参りますので、今後とも宜しくお願い致します。

※木地の写真を追加しましたのでご覧ください。

IMG_7305_20180531234315d3c.jpg

細かい木目がわかります。
IMG_7315_201805312343170a9.jpg

初手を指す羽生竜王
無題

※追加写真

原木
process008.jpg

輪切り この時点でかなり赤い木地ということがわかります
process022.jpg

板 さらに良くわかると思います
gazouakamasa2011_01.jpg

赤柾虎斑

木地にはいろいろなものがありますが、有名なのは赤柾と虎斑ではないでしょうか。
中国黄楊ではありますが、その二つが混じったすごい木地での作品です。

実は木地を受け取って半年以上、手が付けられずにいました。
作りたくないのではなく中途半端な駒に仕上げたくないと思っていたからです。
最近は制作時間よりも、どのような作品に仕上げるか考える時間の方が長いです。
お待ちいただいていた方には本当に申し訳なく思っています。

肝心の作品ですが、漆の表情も良く、満足できる仕上がりになったと思います。
何よりも喜んでいただけてそれが嬉しかったです。

一番下に盛上中の写真も載せています。
良かったらぜひご覧ください。

IMG_2551.jpg

IMG_2400.jpg

IMG_2476.jpg

IMG_2306.jpg

IMG_2305.jpg

IMG_2315.jpg

IMG_2511.jpg

IMG_2262.jpg

無剣

無剣書は比較的珍しい書体なのですが、豊島時代からある古いものでもあります。

豊島作品をベースに特徴でもある線の揺れ、漆の艶やかさなどを表現してみました。
また漆をたっぷりと使っておりますので迫力のある駒になったと思います。

作り手からすると太字の高い盛り上げは漆が縮む可能性が大いにあり苦労するところですが、漆の状態と湿度を見極め何とか仕上げることが出来ました。
現在は人工的に湿度をコントロールする方法もありますが、漆は自然のものですので自然に乾かすのが一番だと考えております。

今年もたくさんの方々にお世話になりました。
更新も少ない拙いブログですが、細々と続けていきますので来年も宜しくお願い致します。
良いお年をお迎えください。


DSC_0040.jpg

DSC_0035.jpg

DSC_0056_20171224165758197.jpg

DSC_0044.jpg

DSC_0066_2017122416393702e.jpg

DSC_0069.jpg

DSC_0051.jpg

DSC_0067_20171224165800617.jpg

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR