プロフィール

とうげつ

Author:とうげつ
駒作り日記です。

制作依頼、お問い合わせは
togetsunokoma@gmail.com
までお願いします。

Twitterもやっています。
https://twitter.com/togetsunokoma

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お譲りします

写真の駒が手元にあるのですが、このままでは死蔵しそうなので
欲しい方に安価でお譲りしようと考えております。

御蔵黄楊柾目の盛上駒で書体は巻菱湖です。
ただし、木地の色合いに少しばらつきがあります。
もちろん新品未使用でその他は問題ありません。

欲しい方やご質問は左のメールフォームからお願いします。
先着順で対応させていただきます。


※お問い合わせいただいた方へ
現在多くの方からメールをいただいております。
順番にご返信してまいりますのでもう暫くお待ちくださいませ。
ご迷惑をお掛けしますがどうぞ宜しくお願い致します。


※※お譲りする方が決まりましたので受付を終了させていただきます。
ご連絡下さった方、どうもありがとうございました。

DSCF0151.jpg

DSCF0153.jpg

DSCF0156.jpg


DSCF6179.jpg

DSCF6180.jpg
スポンサーサイト

虎斑

今回は虎斑木地です。
虎斑もいろいろあるのですが、こちらの木地は派手すぎず上品な印象を受けます。

漆についてはいろいろと迷ったのですが、いつもより多めに盛りふっくらと仕上げました。
通常通り低めに盛ると木地に負けそうだったのでこちらの方が良いかと思います。

いつものように写真を撮りましたので宜しければご覧ください。
IMG_7848.jpg

IMG_7839.jpg

IMG_7838.jpg

IMG_7849.jpg

IMG_7851.jpg

彫埋

気分転換に彫埋を作ってみました。
皆さん馴染みのある書体だと思います。

彫埋は埋めるだけで良いので彫り駒より簡単だと思われている方もいると思います。
確かに彫駒は相当難しいです。
しかし、彫埋も負けず劣らず難しいのです。
輪郭といい、錆漆の調合といい経験が必要とされる工程がいくつもあります。
細かな穴が開いたり、錆漆の色が違えば良い彫埋とはいえません。
特にこの書体は太い線が凹むため、何度も塗り重ねる必要があります。
そういうことを考えるとやはり彫埋は難しいのです。

※この駒は棋譜並べに使う予定です。


111.jpg

DSCF6021.jpg

DSCF6033.jpg
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。